品川のクリニックで尖圭コンジローマを治療

尖圭コンジローマとはヒトパピローマウイルスが原因となるウイルス性感染症で、性的接触により皮膚や粘膜の小さな傷から侵入することで細胞に感染し乳頭状腫瘍が症状として表れる特徴を持っています。ただ尖圭コンジローマは感染していても全ての人に症状が発症するわけではなく、もし発症しても症状が視診で確認出来るまでには3週間から8ヶ月は必要となるので、感染器械を特定することは難しくなります。品川にある性病を主に扱っているクリニックでは、尖圭コンジローマの診断として視診の方法と、低リスク型HPV検査と呼ばれる方法を用いて検査を行っている場合は多いです。品川のクリニックで行われる機会が多い低リスク型HPV検査では、綿棒を利用して陰部や膣を擦ることで検査を行い、結果が出るまでには1週間ほど時間がかかります。

検査の結果、低リスク型HPVの感染が認められても、現在の医学ではHPVではそのものを治療する薬はなく、感染した全ての人がコンジローマを発症するわけではないといわれています。品川のクリニックで行われている対症療法として、イボやコンジローマが出ている場合は、イミキモドクリームと呼ばれる軟膏を利用した治療を行っていくか、液体窒素による治療、電気メスや炭酸ガスレーザーを利用した手術療法の3つのうちで対処を行う方法が一般的です。軟膏を利用した治療ではイボやイボ周囲に軟膏を塗布し、ウイルスに対する免疫力を高めて増殖を抑え、イボを排除させていきます。液体窒素を利用した治療は、麻酔なしで行え時間と回数はかかりますが、確実にイボを綺麗にすることが出来ます。

品川でコンジローマのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です