新宿の性病クリニックで多いコンジローマ

性病(性感染症)は、以前は遊び人の男性がかかる病気というイメージがありました。しかし最近は女性のほうが感染する人が多くなっており、これは性に対して開放的で活発な女性が増えていることを現してます。年齢的には低年齢化の傾向があり、10代後半から急増し20代前半にピークを迎え、その後は徐々に減少していきます。性病と言えば昔からよく知られている梅毒や淋病を思い出す方も多いかもしれませんが、最近新宿にある性病クリニックに来られる患者さんは、クラミジアが原因のものが増えていると言われています。

また発生個所も性器だけでなく、オーラルセックスにより喉に発症するケースも増えているようです。性病は菌やウイルスの感染に直接接触することによって引き起こされますので、コンドームを装着することと不特定多数と性行為を行うことを控えるなどの対策が求められます。性病の一つにコンジローマと呼ばれるものがあります。この性病も、新宿の性病クリニックを受診される方が比較的多いものの一つですが、鶏のトサカのような尖ったイボが発症することで感染していることがわかります。

女性の場合は見えにくいの発見が遅れてしまう場合もあり注意が必要です。というのも、コンジローマのウイルスが悪性の場合癌に発展してしまう場合があるからです。新宿の経験豊富な性病クリニックで検査すればすぐにコンジローマに感染しているかどうかが分かります。感染している場合は、イボを焼き切ったり、凍結療法や薬物療法などで治療が行われます。

新宿でコンジローマのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です