癌化する恐れのあるコンジローマと新宿のクリニック

コンジローマは性感染症の中でも自覚症状があまり無い病気であるために気が付かないことが多く、重症化すると癌化することもあるので要注意です。性行為によってヒトパピローマウイルスが感染することで引き起こされる病気なので、コンジローマの感染予防のためには、妊娠を望んでいるとき以外は必ずコンドームを付けることです。不特定多数の人と性交渉を持つと、その分感染リスクが高まるので控えることをおすすめします。万が一男性パートナーが感染している場合は、性行為を中止するとともにオーラルセックスも控えましょう。

というのは喉に感染するリスクがあるからです。また現在ワクチンを接種することで、コンジローマ感染を予防することも可能です。新宿の婦人科あるいは性病科でワクチン接種が可能なので、心配な方は相談してみることをおすすめします。コンジローマに感染すると、症状はなくても鶏のとさかのようなカサカサした感じのイボができるので、目で見て気が付くことも少なくありません。

主に外陰部や子宮の入り口あたりに発症しますが、見えにくいので気が付かないことが多いです。もし変なイボが発症していることに気が付いたら、コンジローマを疑って、新宿の性病科を受診することが大切です。婦人科や泌尿器科でも大丈夫ですが、できれば経験豊富な性病科がおすすめです。新宿にはいくつもの評判の良いクリニックがあるので、通いやすいところに受診するのも良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です