新宿にはコンジローマの専門的なクリニックが多い

コンジローマとは性行為によって感染する性感染症の一つです。10代から30代の人によくみられ、なかでも20代は大変多くなっています。コンジローマは、男女ともに感染するので注意が必要です。コンジローマの症状は性器や肛門周辺にイボができると思われがちですが、必ずしもそうではなく乳頭状のものや鶏のとさか、カリフラワーのような症状が出ることもあります。

感染してもすぐに症状が出なく、3週間から8ヶ月くらいウイルスが潜伏するので原因を特定することが難しく、自覚がほとんどないこともあります。しかし性感染症なのでほかの人に移す可能性があるので気づいたらすぐに治療しましょう。性感染症を治療することに恥ずかしさを持たれる人もおられますが、健康のためにも必ず専門医に相談することです。何科を受診すればよいのか分からないという人もおられるでしょうが男女ともに性病科があればそこを受診します。

性病科が恥ずかしいということであれば皮膚科、男性なら泌尿器科、女性なら婦人科でも治療することができます。新宿には専門クリニックやオンラインでの診察をすることができます。新宿にはすべてが女性スタッフというクリニックもあるのでプライバシーの配慮が整っています。治療法には塗り薬や外科的な処置があります。

難しい検査や治療ではないので怖がらず、早めに治療を開始することです。新宿は交通の便が良いので、仕事終わりや休日などを利用して楽に通院することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です