新宿でコンジローマの治療を行なう

コンジローマはヒト乳頭腫ウィルスの中にある6型と11型による感染症のひとつで、新宿などの医療機関による治療方法には、液体窒素でいぼを凍結療法の排除と炭酸ガスレーザーや電気メスで焼く外科的な方法があります。そしてイミキモドクリームによってウィルスに対する免疫力を高め増殖を抑える治療方法もとられてます。イミキモドクリームでの治療はいぼが発生した患部や周囲に週3回塗布し、ウィルスに感染している細胞を障害することでいぼを排除します。イミキモドクリームによるコンジローマの治療期間個人差がありますが、2週間に1回の通院で数ヶ月かかることもあります。

また症状が消えたとしても再発しないために、最低でも4週間の軟膏を塗布し続ける必要があるのです。液体窒素によるコンジローマの治療では196度での低温でいぼを切除します。冷たさと痛さが多少感じられる方法ですが、麻酔無しで行なえる方法です。新宿の医療機関でも行われていますが、何度も行うことが必要で時間がかかる事は軟膏と同じです。

炭酸ガスレーザーや電気メスでの切除もウィルスに対する直接的な治療が行われないので、再発の可能性が高くなります。いぼを外科的に切除した場合でも、イミキモドクリームを併用して治療を行なうことが重要となります。放置するといぼがカリフラワー状に広がったり化膿したり悪化するので、違和感を持ったときにはすぐに新宿の医療機関で診療してもらうことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です