新宿のコンジローマが治療出来る医院

新宿にはコンジローマが治療出来るクリニックが多数あり、これは性病の一種で性器にいぼのようなつぶつぶが出来ます。梅毒の扁平コンジローマとは別の病で、原因はヒトパピローマウイルスが皮膚や粘膜表面へ感染して起き、低リスク型で子宮頸がんの原因となる高リスク型HPVとは別です。性感染症の一つで主に性行為でうつり、性器同士が擦れることで粘膜表面の傷からウイルスが感染します。中には感染経路がはっきりしないで、うつるような覚えがなくても感染することもあります。

新宿のクリニックで治療が出来るコンジローマは感染してから症状が出るまでに約3週間から8ヶ月程度あり、男性だと陰茎や包皮の表面、女性は大小陰唇や膣前庭の表面へ顆粒状や鶏のトサカ、カリフラワーのような突起が複数、またはたくさん出てきます。他にも肛門内・尿道・舌・口内などにも出来て自覚症状が殆どないことが多いですが、人によってかゆみや違和感を感じます。色は主に灰色ですがピンク・白・黒・茶色などもあります。自然治癒で治ることもありますが、痛みや痒みがないので放置すると少しずつ大きくなって他の部位まで広がってしまいます。

新宿のコンジローマで治療をするときは、医師による視察で特別な検査はなく問診・視診・触診で診断を行い実際に診察をしたら感染してないこともあったりします。間違えやすいのがフォアダイス・真珠腫様小丘疹・包皮腺などで何かわからないときも病院で診察を受けた方がいいです。フォアダイスだと、陰茎や包皮に出来る直径1㎜から2㎜前後のぶつぶつで脂腺が目立った状態になり唇にも出来ます。真珠腫様小丘疹は、亀頭の外周や裏側にそって大きさの揃った直径1㎜ほどのぶつぶつがあり、包皮腺だと裏筋付近の左右にぶつぶつが出来て初期だと見わけがつきにくいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です