横浜は尖圭コンジローマの治療をしやすい

尖圭コンジローマは、性器や性器周辺にできるイボのことです。この症状は、HPVに感染すれば発症します。HPVは一種類ではなく複数あり、現在確認されているだけでも100種類以上です。感染してすぐに発症するのではなく潜伏期間があります。

潜伏期間には個人差がありますが、数週間~8か月程度です。イボと言っても、尖圭コンジローマは一般的なイボよりも特徴的な形をしているケースがあります。ニワトリのトサカのような形をしているモノもあれば、カリフラワーのような形のタイプもあり、一概にどのような形とは言い切れません。尖圭コンジローマは、感染している人と接触すれば感染をします。

感染の可能性を下げるためには、性交渉する際のコンドームの使用は欠かせません。治療では、外科治療と薬物治療があります。横浜には、尖圭コンジローマに対応した病院が複数あります。土日祝日でも午前中に対応しているクリニックがあり、平日は仕事で病院に行けない人でも治療を受けることが可能です。

女性は恥ずかしさから治療を受けない人もいますが、横浜には女医さんが院長のレディースクリニックもあります。最寄り駅から5分以内、駐車場を完備した病院もあり、横浜は尖圭コンジローマの治療を受けやすい環境です。痛みなどもないことから放置する人も多いですが、ウイルスの種類の違いでガンを発症することもあるので注意が必要です。多くが徐々に増殖するので、早めに専門病院での診察を受けることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です