植毛の種類や方法を紹介します

薄毛に悩んでいる人におすすめの植毛は、頭皮に直接毛を埋め込む医療行為となっています。その技術は日本で開発されました。現在では、アメリカなど世界中で行われる技術となっています。医療行為という点が大事なポイントで、その作業ができるのは医師と決められています。

そんな植毛の種類は2つで自毛を用いる方法と人工毛を用いる方法があります。自毛の場合には薄毛になりにくいといわれている後頭部や側頭部の髪を、薄毛が気になる部分に移植することになります。生きている髪を利用するので、うまく定着した場合、他の髪と同様に伸びる髪となります。自毛の場合定着率は95%ととても高い割合になっています。

もう一つの人工毛を利用する方法は、人工的に作られた毛髪を薄毛の部分に植え付けます。後頭部など自分の髪の毛を採取する必要がない点がメリットです。しかし、人工的に作られた髪なので、頭皮へのダメージがあり、伸びることはありません。また一度抜けてしまえば、もう生えてくることもありません。

植え付けることにより炎症を起こすこともあるため、アメリカでは禁止されています。また、植え付ける方法も2種類あります。専用の植毛機を使用する方法と手植えです。現在、主流の方法は手植えとなっています。

手植えでは、高度な技術が必要とされています。その人に合った方法で1本ずつ植え付けていくのです。アナログな方法のようですが、1本1本確実に移植することができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です