植毛とはどのようなことをするの

薄毛に悩まされている人で病院で治療を行っても思うような効果を得られなかった人で「植毛」を行う人が増えています。施術を行う病院によって方法には多少の違いがありますが、植毛は薄毛になっている部分の自分の頭皮の毛穴に主に薄毛でない部分の自分の毛や人工の毛を植え付ける方法です。施術は麻酔をかけて行うため、医療行為となり病院でしか受けることができません。ちなみに植毛とよく比較される「増毛」は薄毛が気になっている部分に少しでも毛が残っていないと施術ができませんが、植毛は頭に毛が全く残っていなくても施術が可能です。

更に施術後半年程度がたってトラブルなく頭皮に植え付けた毛が定着できればその後は自分の毛として自由にヘアスタイルを楽しむことができるのでパーマやカラーも可能になります。一方で「植毛=費用が高い」というイメージを持つ人が多いと思います。確かに薄毛を改善する他の手段と比べると費用は高くなり範囲が広いと100万円近くいくこともあるようです。しかし実際に施術を受けている人は特にお金持ちでもなく30~40代の普通のサラリーマンの人が半数以上を占めるそうです。

また稀に施術を行った直後に頭皮の毛穴が炎症を起こすトラブルも起こるようですが、医療機関で行うので適切な処置をすることができます。薄毛を改善する他の手段はいくつもありますのでメリットとデメリットを比較して自分にあった方法を選ぶようにしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です