糖尿病の持病でも包茎手術は可能

糖尿病は生活習慣病の一つで、生活習慣病の中では最も患者数が多いといわれています。糖尿病の持病を持つ男性の中には包茎で悩みを持つ人もいるのですが、糖尿病を患っていると包茎手術ができないのではないか、このように考える人も多いようです。結論からすると包茎手術そのものは可能になるけれども、術後に服用する痛み止めや化膿止めなどの医薬品と現在服用中のお薬との関係を確認することが重要とされます。禁忌と呼ぶ言葉を目にしたことがある人は多いかと思われますが、禁忌は医薬品の添付文書などに記載が行われている項目の一つです。

特定の医薬品を投与すべきでない患者さん、その状態や併用してはならない医薬品名が記載されているのが特徴です。仮に、それを守らずに投薬したときには副作用が生じるリスクがあるといわれており注意が必要です。その副作用の中には、処方薬の効果が弱くなるもしくは強く効果が出てしまうなど、治療に大きな影響を与えることになったり副作用が強く出れば命の危険にさらされる可能性もないとは言い切れません。包茎手術は包皮と呼ぶ鬼頭を覆っているものを切除する手術の総称、炎症が生じているときなどは炎症を抑えるための医薬品が処方されることになりますし、術後に麻酔が切れると痛みを伴うため痛み止めが処方されるなど禁忌との関係をしっかり確認した上で処方が必要です。

ただし、禁忌は包茎手術を受ける患者さんが確認するものではなく、手術を行うクリニックの専門医が確認をすることになるので、糖尿病など処方薬を使っている場合にはお薬手帳を持参してクリニックに出かけるなどが大切です。包茎手術と糖尿のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です