薄毛の改善に自毛植毛

近年では薄毛治療への認知が高まり、薄毛治療を専門に扱うクリニックも増えてきています。専門クリニックでは、原因に合わせたさまざまな治療を行うことができるため、自己判断で育毛剤や内服薬を利用するよりも、より効果的な治療を行うことができます。専門クリニックでは、主に内服薬や外用薬、発毛注射を利用した治療を行いますが、薬での治療に抵抗がある人や、確実に効果を感じたい人に向いているのは、植毛による薄毛治療です。植毛は毛髪を頭皮に植え付ける治療法で、日本で誕生した治療法になります。

植毛は人工毛を使った人工毛植毛が行われていましたが、拒絶反応や炎症などが起こりやすいこともあり、アメリカでは10年前から法的に禁止になっています。人工毛植毛に変わって、現在主流になっているのが、自毛植毛になります。自毛植毛は、自分の毛髪を利用する方法で、薄毛の症状が出ていない部分の毛髪を頭皮ごと採取し、薄くなっている部分に植え付けていきます。自分の毛髪を利用するため、拒絶反応が起きることもありませんし、自然な仕上がりになるメリットがあります。

定着率も95%と高く、確実に効果を感じられる治療法とされています。自毛植毛は、専門医によって頭皮や毛髪の状態をカウンセリングし、手術の方法や手術後の注意点を把握した上で行うことが大切です。傷跡が残らない手術方法などもありますので、医師を話し合い、納得した上で治療を行うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です