自毛植毛のメリットにはどんなことがあるのか

自毛植毛は、薄毛になりにくい後頭部や側頭部から、皮膚と一緒に髪の毛を採取して気になる部分に移植する治療です。皮膚と一緒に採取された髪は一株ごとに分けられて、気になる部分の頭皮に穴をあけて一本ずつ植え込んでいきます。手術では麻酔を使うので痛みはありませんが、切れたあと縫合した部分は痛むことがあります。また、手術後には自毛植毛した毛は一度抜け落ちますが、頭皮が定着することで髪が生えます。

定着率は95%となっていて、かなり高いです。自毛植毛の最大のメリットは、自分の髪の毛を移植するの拒絶反応がありません。人工毛だと拒絶反応が出るので1年もたつと半分ぐらい抜けますが、自毛だと一度定着すればずっと生え続けます。また、効果が大変高いのも魅力です。

育毛剤や発毛剤だ、効果が出るのに個人差があり副作用なども心配もあります。しかし、自毛植毛は確率が高いので薄毛を改善させることが出来ます。そして、一度植毛をすると、あとは普通の髪と同じように手入れをするだけでメンテナンスは不要です。薬だと継続的に使う必要がありますし、かつらや増毛でもメンテナンスが欠かせません。

手術費は高額ですが、その後の治療費や薬代などは必要ありません。移植した部分は、自分の髪の毛なので周囲と変らず自然な仕上がりになります。また、歳をとっても同じように白髪になっていくので、移植した部分だけが浮くなどの心配もありません。ほぼずっと髪は生えてくるので、自由にヘアスタイルも楽しめるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です